韓国(コリア)旅行が大好きなみんなで作る観光サイト

みんコリ会議~みんなの井戸端会議~

おすすめ

  • 0
  • 5

草場里見

2016/10/18 22:38

大邱で灌漑用水池を築造した日本人・水崎林太郎

 昨年10月9日から14日まで5泊6日の行程で、韓国の大邱市と慶尚南道、慶尚北道、蔚山市、釜山市を旅行し、秋の韓国を満喫して来ました。そのうち、大邱市内を韓国の友人に案内していただきましたが、そのうちの一つの寿城池(スソンジ)は日本人にはあまり知られていないと思いますので、寿城池にまつわるお話をしたいと思います。
 寿城池は岐阜県出身の水崎林太郎(1868~1939)という人が、1915年朝鮮の大邱へ開拓農民として渡り、花き農園を営んでいたところ、寿城平野を流れる新川の水が上水道に利用されるようになって寿城平野に農業用水が不足して農業に影響するようになったため、私財を投じて朝鮮人4人と一緒にかんがい用として築造したものだそうです。1924年9月27日着工し、1927年4月24日に完工しています。
水崎林太郎は1939年まで池を管理していましたが、亡くなる前に「自分が死んだら葬式や墓は伝統的な朝鮮風にし、寿城池が見える所に埋めてほしい」という遺言を残したことから、寿城池の上の斜面に葬られたそうです。
毎年4月7日に水崎林太郎の追悼式が行われています。2014年9月19日付中央日報日本語版に次のとおり記載されています。
「水崎林太郎と大邱の縁はソ・チャンキョ氏(71)によって続いた。寿城池の築造当時、農地を寄付したソ氏の父が水崎林太郎の墓をずっと世話するようにと息子に依頼したのだ。ソ氏は約7年前に地域の有志らと水崎林太郎の遺族らで韓日親善交流会をつくって墓を管理してきた。2000年からは寿城区長に要請して4月7日に追悼式を行っていた」
 韓国人からこのように感謝されている日本人も珍しいと思います。日韓友好のシンボルとして、多くの日本人が訪れてほしいと思います。

  • 通報する

会議に参加する(ログイン)

とても良い御話ありがとうございます。
韓国の為になった方がいらっしゃって良かった・・・

ご返信ありがとうございます。昨年の水崎林太郎追悼式には岐阜市長や駐韓日本大使も参加されていたそうです。この追悼式がいつまでも続いてほしいものだと思います。映画化されるといいですね。 http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/0410/10142599.html

韓国映画は史実など得意だと思いますので、是非映画化してほしいです。
日韓の架け橋にもなります。

1人の日本人が私財を投じて寿城池を、韓国の為に韓国人と一緒に築いたなんて、知らなかったのと、お墓を大切に守っていただいてた事にとても感謝です(*^_^*)
これは、映画化されることを期待しています(^_^*)

ゆーこさん、会議に参加してくださりありがとうございます。ほんとに映画化されるといいですね。
ところで、韓国で韓国人のために孤児を何人も育てた望月カズという日本人を描いた韓国映画があるのですよ。
日本でも「愛は国境を越えて」というタイトルで公開されました。私も1970年代後半に1度見たことがあります。
もう最後の場面はとても感動して、涙があふれ出ましたよ。この望月カズさんや、映画についてインターネットで
紹介されていますので、よかったら見てください。水崎林太郎や韓国人の寿城池にまつわる話もなかなか美しい
話ですよね。誰かが映画にしてくれたらいいのですがねぇ。
 望月カズ  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E3%82%AB%E3%82%BA
 愛は国境を越えて  http://eiga.com/movie/66189/

一覧に戻る